ブランドでメンズ財布を選ぶ

メンズのお財布選びでブランドって気になりますか?

私はすごく気になりますw

というのもどれがいいかわからないので。
ブランドだったら、ファンがいるし、歴史がそれなりにありそうだし、ということは一定の価値と評価があるわけで、その中から好みの選べばはずさなさそうだからなんとなく安心。
そんなところです。

でも、これってある意味他人の目線が優先されているような気もします。
買うのは自分なのに他人の目を気にしてそれで買うのってちょっと変かなぁ。
まあ、でも最終的には自分の好みもそこに入れるわけなので、まったく自分がないわけじゃないんですけどね。

ブランドといったらラルフローレンとか思い浮かべたりしますが、知れば知るほどこんなブランドあったんだという喜びもありますよね。

最近は、そういった目線とは別に、素材に注目したりも。
素材がわからないカラフルなお財布と違い、素材がわかるお財布ってなんか惹かれたりします。
もっと言うと、近くで見てみたくなる、みたいな。
そういうお財布って染料仕上げという色づけ方法をしてるんですね。

素材というとそっけないですが、牛や馬、あるいは蛇やトカゲ、今は像は駄目なのかなぁ
そういった動物たちの息遣いが聞こえてきそうな素材感って天然って感じでカラフルなお財布にはない独特の愛着感がありますね。


coach 財布

coachはニューヨークで生まれた70年以上の歴史を誇る革製品ブランドですが、
改めてホームページを眺めると、くどくどとしたコンセプトなど一切なく、商品の画像がサクッとちりばめられたとてもシンプルな内容にまずびっくり。
え~これだけ?
もっとコーチのことについて知りたいのに~。
これは、もうコーチのことを既に知っているファンの方を前提にしているのか、あるいは、そういったもろもろの基礎知識というか基礎情報などなくても大丈夫。
あなたの気に入ったものがあればそれがあなたにとってベストなチョイスですと言っているのか?

でも、サイトからは、知ってて当然という上から目線の威圧感は梅雨とも感じませんね。
むしろいつでもどんな人でもウェルカムな親しみやすさすら感じてしまいます。

それでいて個々の商品に深い歴史というか奥深さというか、昨日とってつけたような軽さを感じさせない安心感があります。

今回改めてサイトを見て、コーチって落ち着いた単色のデザインのイメージでしたが、
中には思い切ったビビッドなカラーのボーダー柄を取り入れたお財布とかがあって、
ちょっとコーチらしからぬ、ちょっと遊び心と現状に満足していません的なメッセージとも取れるデザインを発見して、ワクワクしました。

コーチファンの方はこれからも飽きずに新たなアイテムにワクワクしそうですね。

関連記事⇒[COACHレザーブリーフケース] ブログ村キーワード

ブログランキング参加してます。
よろしければ応援クリック是非!
励みになります。<(_ _)>
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村

ケイトスペード 財布

ケイトスペードの財布って、淡い単色でカシッとした感じ。
かわいいリボンの形や、狐やフクロウをあしらったデザインとかもありますね。
ありそうだけど、ちょっとどこか違うかな。
そんな粋なお財布。

1993年 ニューヨークで生まれた比較的新しいブランドですねぇ

こんなお財布持ってる人って、さり気ない自分の魅力を出せる品の良さを感じますねぇ。
持ってるお財布を見ると、その人の性格とかを垣間見れるそうですよ。
パンパンの財布の人は、整理整頓が苦手で自己管理ができない方かも。
お財布は、お金以外は必要最低限のカードだけにして、スッキリ使いたいですね。

ブログランキング参加してます。
よろしければ応援クリック是非!
励みになります。<(_ _)>
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村