貧乏になる財布の特徴

こんなタイトルの記事を読みました。
1.銀行などのキャッシュカードが複数枚入ってる

いつでもどこでも気軽にお金が下せるのは、一見便利そうです。
でも、見方を変えると安易に下せちゃうので、これって財布のひもがゆるゆるです。

他の特徴にも共通しますが、お金は節約するもの。

そういった意識を意識的にもって、それを潜在意識にまで浸透させないと、
人間ついつい安易な方向に流れてしまうようです。
私もこれすごくわかるんで、
もうずっと以前から、今日お金下すって日以外はお財布にクレジットカード入れません。
2.クレジットカードが複数枚入ってる
人によってはいろんなカードを持ち歩くことに嬉しさを感じる方もいらっしゃいます。
手数料無料というカードが多くなってますが、多いとそれだけ忘れたり、
無くすリスクも多くなります。
あと、上の特徴と同じく、すぐに下しやすい買いやすいという意識がどうしてもつきやすいので、こちらも財布のひもが緩くなるのは分かるんです。
私も、クレジットカードは持ち歩かないだけじゃなく、カードは一枚のみです。

3.お財布にレシートを複数枚入れっぱなし
中には何か物を買ったり食べてもレシートを受け取らないって主義の方もいらっしゃいますが、家計簿をつけるのって節約の基本じゃないかと
何をいつ使って、現在いくらあるのか。
これを意識する癖も大切ですね。
ついつい買い物がかさむとレシートがお財布にたまりますが、
極力その日に買ったものは会計簿に付けて月別に閉じておきたいです。
サラリーマンの方でも、副業持たれる方が増えていますよね。
つまり、白色申告業者。

この白色のメリットが最近ぐっと減った分、青色申告に帰る方も増えています。

なんといっても税金控除額が大きいですから。
なのでレシートのこまめな管理と記帳

大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA