財布 革 メンズ

メンズ財布の素材に使われる牛はいうまでもなく動物です。

飼育されているときには、仲間とけんかしたり、柵にぶつかったり

文字道理生傷が絶えません。

 

そういった生前の傷が跡ととして残っているのが確認できるのも天然皮革製品の醍醐味でしょう。

 

革の厚みは部位によって違うので、

製造過程で均一に直します。

その結果革の表面にトラのような縞模様ができたりするのですね。

 

また、男性の浮き出た血管の後のような筋があるものもありますが、

これは人口では生み出せない「血筋」と呼ばれる痕です。

稲妻や木の葉のようにも見えます。

 

染料の濃さが製品の部分によって異なったりしますが、これは牛の皮の繊維の密度の違いによるものです。
「色ムラ」と呼ばれます。

 

このように、染料仕上げで出来上がったメンズの革財布は、

随所に天然素材の証が隠れています。

これらの購入時の個々の財布ごとに違う個性に、購入される人の使い方によって経年変化が加わり、この世に二つとないヴィンテージものなっていくんですね。

 

2012-10-15-c34.jpg



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA